QoD NEWS


なぜ今well-beingか:考える素材(1)

 


東京工科大学 名誉教授、日本創造学会 評議員
奥 正廣


 

幸福度とは何か? ~ 世界幸福度報告(WHR)から考える

 2020年3月に国連の第8回世界幸福度報告(World Happiness Report:略してWHR)※注1 が出た。これは2012年以来毎年発行されている。その幸福度ランキングで日本は、2012年の44位から経年的にほぼ着実な下降傾向を示し今年は62位になった。何でもそうだが、たった1回の数値やランクはあまりあてにできないし、数値化する原データや計算・分析法まで理解しないと、その前提や数値の意味などを誤解し得る。そこで、この報告書の概要を紹介したい。無料で閲覧・ダウンロードできるのだから、各自、“エビデンスベーストの証拠に基づく独自考察”ができる。たぶん、メディアを通じて“世間”に流布しているイメージと大分印象が違うだろう。自ら原データ(エビデンス)に当たり、自ら考察することの重要性を実感してもらえたら幸いである。

 第8回報告は、とくに社会、都市、自然の環境に焦点を当てた分析がなされている。また17のSDGs(Sustainable Development Goals)との関連も6章で検討されている。今回は、幸福度ランキングを中心にした2章の概要を、その根拠に触れつつ簡単に紹介する。前もって要点をまとめておくと、次のようになるだろう。

    • ランキングの幸福度は、自分の想定し得る最低/最高の生活(人生)を0/10点とした11段階尺度の中に自分の現在の生活状態を位置づけることで得られる生活(満足度)評価の(該当地域回答者の)平均値である。すなわちここでの幸福度は平均生活評価である

 

    • 幸福度は、それとは独立の6説明変数、すなわち①一人当たりGDP、➁社会的支援、③健康年齢、④(人生選択の)自由度、⑤寛大さ、⑥汚職、でかなりの程度推定でき、②や③は経済的豊かさ指標(①)に匹敵する幸福度向上への影響力をもつ

 

    • 生活満足度格差(不平等)の方が所得格差より幸福度への影響が大きい(幸福度を下げる)

 

    • ②や③は経済的豊かさ指数(①)に匹敵する幸福度向上への影響力をもつ

 

    • ②と⑥に関係して「社会的つながり」と「社会的・制度的信頼」の向上(施策)は、とくに低幸福度の人々の幸福度向上に貢献しうる(生活満足度格差の低減でもある)

 

    • 東アジア諸国は、(文化的特性か)例外的に抑制的・中庸的な反応傾向があり、直接測定された幸福度(生活評価)は上記6変数に基く幸福度の推定値より低い

 

幸福度は、<科学的>に説明可能か?

 データでは150以上の国を対象とし、各国の幸福度を、「キャントリルの階梯(Cantril Ladder)」という尺度で測られる主観的生活(人生)評価の平均で算出している。「(自分にとって)ありうる最悪の生活」を0、「(自分にとって)ありうる最高の生活」を10とし、現在の自分の生活状態をそのものさしに位置づけ評価するものである。第8回の生活評価データは2017~19年のギャラップ世界世論調査(GWP:Gallup World Poll)に基づく。これは世界人口の約98%を代表する調査だという。
なおここでの幸福度(Happiness)は前述尺度に基づく(主観的)生活評価のことであり、(より短期的に変動しやすい)ポジティブ感情を中心に評価する主観的幸福感ではない。後者は社会心理学系の幸福研究で典型的に使われるが、その類の研究は場を改めて検討する。なお本報告ではポジティブ/ネガティブ感情との関係も検討している。※注2

 “主観的”というと、科学的にいかにも頼りなく感じるかもしれないが、換言すれば“経験的”ということであり、個人の経験・実感こそ基本だという社会・思想潮流を反映しているとも言える。(たとえば、製品デザインでアップル社が先端を走ったのも、いち早く“経験のデザイン”を打ち出したからであった。)この潮流は個々のライフ(人々の生命・生活・人生、生きもの、生態系、地球、・・・)を尊重する社会・世界の見方とも共鳴する。生活の豊かさ指数としての(一人当たり)GDPの代替、あるいはそれを1要素とした指数模索の代表的試みの1つである。※注3

 この生活評価(幸福度)は変数として安定していて信頼できるものなのだろうか。その点に関し、トップ5の国は、順番は入れ替わっても2012年の第1回報告から変わらず(フィンランド、デンマーク、ノルウェー、スイス、アイスランド)、10位まででも1国しか入れ替わりがない。このように、上位は安定していて、しかも実際に上位の国は以下に述べる6説明変数の評価も高い。したがって、生活評価値はそれなりに安定していて、トップランクの国は実際に客観的社会指数(説明変数)の高さとも対応しているので、信頼性は高いと推測できる。また個々人の生活(人生)観は多様であろうが、個々人の主観的満足度尺度上に自分の生活を位置づけるのだから、(どんな生活・人生観に基づくのであれ)生活満足度という意味では個人・集団間の比較が可能であると考えられる。(なお7章に一貫してトップランクを維持する北欧諸国の特徴考察がある。)
 ただ、中位ランクの国の順位にどれほど意味があるかは議論の余地がある。とくに東アジアの国々は、生活評価(幸福度)等の主観的評価は抑制的で中庸の反応を示す傾向のあることが研究でわかっていて、ここでの幸福度も、説明変数の重回帰モデルから推定される値・順位よりも低い傾向にある。その意味でも、日本の幸福度順位自体に一喜一憂するのは望ましくない。※注4 もっと全体的・構造的な検討・理解が有益だ。次節でそれを行う。

 

幸福度に影響を与える6つの要因

 生活評価値を基準(被説明)変数とし、その値を次の6説明変数で推定する重回帰分析 ※注5 を考える。

(なおこの場合は、より精度を上げるために2005~19年に及ぶデータを利用している。)それによって、その6変数が生活評価(幸福度)にどう寄与するかがわかる。その6説明変数とは、①一人当たりGDP(対数)、➁社会的支援(困ったときに頼れる人がいること)、③健康寿命、④人生の選択ができる自由度、⑤寛大さ(過去1か月の間にチャリティなどに寄付をしたことがあるか)、⑥汚職(政府やビジネスでの汚職・腐敗の程度の認識)、である。

 なお関連して、(前日の平均としての)⑦ポジティブ感情と⑧ネガティブ感情データも検討される。⑦と⑧の感情評価は、実験や小規模で短期の調査で幸福感指数として使われることが多いので、上記変数との関連を検討するために導入されている。その結果がTable 2.1に示されている。

 左端列が幸福度の重回帰モデルになるが、その左端列から順に簡潔に説明し補足する。

    1. 幸福度(生活評価)を推定するこの重回帰モデルで、①~⑥のすべての説明変数が有意な寄与を示し、そのモデルで幸福度の(分散の)約75%(0.751)が説明できる。なお⑥汚職のみ負の寄与(⑥の値が大きくなるほど幸福度は下がること)である。
    2. 2列目は、ポジティブ感情を基準変数とし、それを①~⑥の説明変数で重回帰分析したものである。②、④、⑤の寄与が有意であるが、全体として50%弱(0.475)の説明率である。
    3. 3列目は、ネガティブ感情を基準変数とし、それを①~⑥の説明変数で重回帰分析したものである。②、④、⑥の寄与が有意であるが、全体として30%の説明率である。
    4. 4列目は、感情変数を加えて幸福度を予測する重回帰分析をしたものである。④、⑤の寄与が減り、ポジティブ感情の寄与が大きく出ている。幸福度とポジティブ感情はかなり関係のあることがわかる。また④自由度や⑤寛大さはポジティブ感情を介在させて幸福度に影響しているらしいことも示唆される。ただし、変数を2つ追加したのに説明率は数%上がっただけ(0.768)なので、1列目の重回帰モデルが基本で問題ないと考えられる。要するに、(生活満足度評価としての)幸福度は、①~⑥の6変数の重みづけられた値の総和でかなり正確に推定できることがわかる。
    5. なお2017-19年データでのこのモデルに基づき、別に、幸福度の上昇に6変数がどの程度寄与しているかを検討している。※注6 その結果、下位幸福度の国が平均的な幸福度になるための6変数の寄与は、高い順に、②社会的支援(33%)、①一人あたりGDP(25%)、③健康寿命(20%)、④自由(13%)、⑤寛大さ(5%)、⑥汚職(4%)となる。社会的支援(②)や健康寿命(③)の影響力は経済指標(①)に匹敵することがわかる。
信頼とつながりが高くなると、幸福度の低い人の幸福度が上がる

 今までのWHRやその他の研究で、所得不平等よりも生活満足度不平等(分散大)の方が幸福度に悪影響する、言い換えれば、生活評価(満足度)の不平等(格差)が小さいほど、当該国・地域の満足度は高い傾向がわかっている。そこで、従来の研究から推測される、不平等の重要な影響因2種を取り出し影響を検討することを考えた。

 しかしGWPでは、一般的に利用できる社会的信頼変数がない(⑥は一種の反転項目)ので、より幅広い項目データを収集している欧州社会調査(ESS:the European Social Survey)を用いて、社会的・制度的信頼(社会的困難時に社会的・制度的支援やセーフティネットがあると信じられるか否か)という変数を取り出した。また前記内容や従来の研究から、幸福感には、社会的つながり(親しい友人の多寡や集まりの頻度等:前記②にある程度対応)も重要であることが示唆されているので、その2変数を制御して、幸福度(生活評価)がどう変わるかを検討した。その結果がFigure2.5である。(詳細は記載されていないが、ESSデータで、上記同様の重回帰モデルを作り、幸福度を推定しているのだと思う。)

 横軸は(推定された)幸福度(生活評価)、縦軸は対応する人の密度(該当人数割合の指数)である。パネルAは社会的・制度的信頼の高(緑)/低(灰)に対応する人の密度分布である。社会的・制度的信頼の高い方が、分布が右寄りでピークが上がり幸福度の高まっていることがわかる。パネルBは社会的つながりの高(緑)/低(灰)での分布で、(信頼ほどではないが)前者の方が幸福度の高いことがわかる。パネルCは信頼&つながりの高(緑)/低(灰)での分布で、その差が一番顕著に出ている。パネルDは信頼&つながりの高(緑)と現実の社会条件(灰)での分布の比較である。信頼とつながりが高くなると、幸福度の低い人の幸福度が上がることがわかる。この4図から、幸福度に社会的・制度的信頼の影響の大きいことがわかる。

 以上から、幸福度の上昇や不平等の低減に、社会的・制度的信頼や社会的つながり・支援が、経済的豊かさ(①)以上か同程度に重要であることがわかる。その意味で、この生活評価(幸福度)およびそれと6変数との関係は、それなりに、GDP的指数を越えた、あるいはそれも包含した幸福やウェルビーイングの指数であり構造になっていると言えよう。

 本稿では世界幸福度調査2020の2章の中心的内容を検討し、そのまとめは冒頭に示した ※注7。他にも興味深い内容・分析がある ※注8。ぜひ自ら報告書にあたっていただきたい。※注9 

著者プロフィール

奥 正廣奥 正廣
専門は、社会心理学、社会工学、創造性研究。東京工業大学理学部応用物理、同大学院社会工学修士課程修了、同博士課程単位取得満期退学の後、(社)農村生活総合研究センター研究員。日本各地の地域社会調査に携わる。平成3年、東京工科大学着任。教養学環長を経て名誉教授。日本創造学会 理事長,会長等歴任。

NEWS一覧